●クラセレおかわり戦・まとめ


ども! ハワハワです。
地獄のようなクラセレ実戦も終わり、結果をまとめておきます。


一回戦のトータルがこれ。





どう見ても青ビッグが引けていません。
全役に於けるヒキの強さ(設定1の抽選値と比較)は以下のとおり。

赤ビッグ     +248.8枚
青ビッグ    ー2501.2枚
コンドルビッグ ー1388.4枚
​レギュラー    ー1053.3枚
ボーナス合計  ー4694.6枚

スイカ     +229.3枚
ベル      +43.9枚
チェリー    ー87.2枚
小役合計    +186.1枚

総合      ー4508.5枚
この段階での期待収支は+10246円なので死にたくなるほどの酷さでした。



それを取り戻すというか、泣きの一回といった方が良いのか、もうワンセット闘ったのが「おかわり編」なのですが…こっちはどうなったのかというと


どう見ても青ビッグが引けていません。
物凄い既視感。傾向は一緒でした。
レバーの叩き方がこんなにも影響を及ぼすなんてねぇ…。

んで、おかわり戦の場合は各フラグで…

赤ビッグ    ー1105.6枚
青ビッグ    ー4105.6枚
コンドルビッグ  ー633.8枚
​レギュラー    ー764.8枚
ボーナス合計  ー6610.3枚

スイカ      ー142.8枚
ベル       ー343.7枚
チェリー      +63.7枚
小役合計     ー422.8枚

総合       ー7033.1枚


チェリー以外全滅。あれ以上ないやられ方はしないと思っていたら、もう一段ありました。
恐ろしいですね。大炎上です。

おかわり戦の期待収支は+10851円で、さらに格差が広まっています。
ただ、レートを下げ、5スロで逃げ切ったのはナイス判断でしたね。本来なら13万超に至る負債を1/4に圧縮。レート差で100500円分得をしました。

この辺のヒキはいずれ返してもらおうと目論んでいます。
それは大変長い道のりになりますが、その前に休養に入ります。ご了承ください。

今はクラセレの面を拝みたくないっつーの! さすがに面白いと思えるわけねーだろ、こんな負け方をして…なので、傷心旅行に出かけます。ロニ子を探さないでくださいね。ウフ。


なお、青ビッグを初めとするボーナスのヒキ負けがなぜ発生するのかというのは、レバーを叩くタイミング悪いこと以外全く見当が付きません。
ワイが打った台の履歴は長期で見ても、特に怪しい挙動が頻発することがないからです。
ワイが打って1/200でフィニッシュした日も、後日確認すると1/140まで戻していたりします。

また、別のホールで打っても、ワイはハマリ、後任者が程良く戻す流れも確認しています。
とにかく、ワイが打つとボーナスのフラグが引けない。中でも青ビッグの引けなさが異常。


糸口が見つからないためどうにもならず、しばらくは触りません。
経験上、こういうのってゴリ押ししてもさらに傷口が広がるだけなんだよなぁ。



あと、もう一つ強いて理由を上げるとするならば、

今は完全にパチンコの波長になっていること。

自分自身の勝負運的なものが。
打てばすぐに当たるし、全然はまらないんだもの。パチンコはどんな機種を打っても。
これもまた不思議なもので、同時に様々なことをやっていると、トータルで調子良くても、全てのジャンルでプラスを収めることはまずありません。
なので、パチンコが良ければ、パチスロが引っ込むというのも、しょうがないと感じている次第です。
とにかく時が解決してくれると思うので、リベンジはいずれ。

2017年06月05日