●クランキーセレブレーション 聖地お小遣いアップ作戦・第四話


ども! ハワハワです。

『クランキーセレブレーション』をスーパー等価(47枚貸し/47枚交換)で打ってお小遣いを増やそう計画の実戦・第四弾です。
ようやくビッグが気持ち良く当たり続ける流れになってきました。レギュラーばかりだと大きくメダルを増やすのは難しいからね。その分、ボーナス合算も見事に落ち込んでしまっているのはいただけませんが…さて、どうなる?



■3/11



何の見せ場もなく終了。
もう少し回したかったけど、なんか精神的にドッと疲れが出ちゃって、千ゲームも回さずにギブアップです。

どうしてこんなにも当たらないかなぁ。納得いかないです。



■3/14




今日は初当りがすでに遠いというオチ。ワイのデキからしたら、既に今日の分のプラスを目指すのも大変厳しいと思われ。

そして、ビッグの連続は16回で記録更新終了。そこからはビッグとレギュラーが織り交ざって当たる正常運航になるも、それでもボーナスが当たっていませんがな。

結局、ぺろりと16本持っていかれて終了。もうどうにもならないな…。




■3/15




最早何の言葉も出ねぇ…完敗だ。

ワイが望んだバケのない世界は、これほどまでに何も生み出さないとは…。

ここでもまたノーレギュラー、ビッグ9発の一日を過ごしましたが、ビッグ自体も遥かにヒキ負けという結果でした。当然基板が大丈夫かといった疑念が湧きますが(古い人間なので全てを疑ってかかるのが基本。許せ!)、他の人は普通に当たっていたので、単純にワイのデキが問題だったと言っておきます。まぁ、あるんですよ。こういうの。

数多の勝ってこい系実戦をこなしてきていますけども、その期間だけちょうどよくないなんてことはザラ。己のヒキのみならず、店の状況なんかも狙われたかのように発生するんですよね。そういう意味では、結構サバサバしています。ただ、今回のクラセレに関しては本気で結果を残したかったので、悔しい気持ちでいっぱいです。

というわけで、期間の都合上、クラセレのお小遣いアップ実戦は一旦終了です。この後は、「東京のような交換ギャップがあるも、貯玉カードを駆使したあのテクニックを使った場合はどうなのか?」とかそっちをやるかもしれません。



次回は総評的なものを軽く。



2017年05月01日