●クラセレおかわり戦・その3


ども! ハワハワです。

クランキーセレブレーションのリベンジ編も3回目。
前回では惜敗という内容こそ残念でしたが、ここまでの凋落ぶりからして、そろそろ反転攻勢の兆し、浮上のきっかけとなるのではないか、とも受け取れまる結果でした。

打っているクラセレは設定1が前提であるからこそ有効な5スロでハメて20スロで出す作戦も、そろそろ20スロで回収フェーズへと移行!?
というのが今回のポイント。要は20スロで勝負をかけてもいいんじゃない? ってことです。

確かに、差枚数的には4万円ほどの浮き…いや、正確には負債の軽減ができているので充分と言えば充分。この作戦、頭から尻尾まで綺麗に食べようとすると、却って損をすることになりやすいんですよね。これはFXで学びました。腹八分目で良しとするというのが一番しっくりくるかと思います。




でも、5スロに行きました。

5スロのハメを欲張ったわけではなく、まだヒキが戻ったようには思えなかったんですよね。
さぁ。この判断は吉と出たのか凶と出たのか…実戦データをご覧ください。




はい。安定の負け。
相変わらず、小役以外綺麗に引けないんだよなー。

3回分で一日ぶん回したくらいの消化ゲーム数なので、おかわり戦だけなら普通に起きるでしょって言えるんだけど、これまでのことを考えると基板がやられているのではと真剣に考えてしまう程、長い長いトンネルです。まぁ、これくらいの不調をさらに2セット分喰らったこともあるし、不思議じゃないんだけど…。

ともあれ、もうちょい5スロで様子見ですね。早くバイキルトの呪文を唱えたい…。



・おまけ



特殊1枚役の択に負けたり、特殊1枚役が立っていなかった場合に、コンドル頭のボーナス成立かつ左下段にコンドルを引き込める範囲に押すと出現する2確。中押しで1確が決まっているので2確というのは、

鉄板リーチ目が出ているのに「激アツ!!」

と叫んでしまうのと同じくらいの「!?」現象なのですが、コンドル頭のボーナスが確定してしまうようなので、ドキドキ目に降格してしまう代物だったりします。


コンドル頭のボーナスにはレギュラーもあるのでね…。


2017年05月24日